更年期の原因と対策について

女性は40代後半くらいになると、いままでにない疲労感や頭痛を感じるようになります。はじめはそれが単なる疲れや老化だろうと思っていても、明らかにいままでとは違う症状にとまどうことがあります。これが更年期のはじまりです。はじめはよくわからないですが、あまりに体調が変化していることに戸惑いそして、内科や産婦人科を受診し血液検査をうけると更年期になっているのだと気が付くことになります。血液検査によって女性ホルモンのエストロゲンという物資が少なくなっていることが原因で症状がおこることがわかっています。具体的な更年期の症状といえば、ホットフラッシュです。とくに暑くもないのに突然顔がかっとなって汗が噴き出してきます。止めようと思っても、自分の気持ちでなんとかなるものではありません。だれでも暑がっていないのに、自分だけは汗をかいている状態が恥ずかしいと思うとよけいに汗がでてしまうので本当につらいものです。そのほかに血圧の上昇や、頭痛、倦怠感、気持の落ち込みなどもあります。朝、起きた瞬間に憂鬱になってしまってなにもする気持ちが起きないとか、外出が大好きな人が出かける気力がないとか、家の中でもだらだらと過ごしていることに罪悪感をもってしまうという人もいます。更年期の症状というのは、人によってさまざまです。耳鳴りや、めまいなども起こることもありますしこんな症状が更年期障害?と思うことも起こります。うつ病を発症してしまうくらいつらいこともあります。さまざまなことが原因となっておこります。ただ人によって症状はさまざまで、重い人もいれば軽く済んでしまうという人もいます。対策としては、まずは減少してしまったエストロゲンを増やす努力をしていくことです。
実はエストロゲンの一部は脂肪細胞でできているので、やせすぎていると、エストロゲンを十分に作り出すことができません。
ですから適正体重に戻すことも大事です。またエストロゲンと似た成分に大豆イソフラボンがあります。これは豆腐や納豆に含まれています。ですから食べ物としては味噌や豆腐、納豆をなるべくとるようにしたり、コーヒーを飲むのも効果があります。コーヒー2杯程度のカフェインはエストロゲンの上昇を促すともいわれていますから、コーヒー好きの人は試してみるといいでしょう。
更年期障害があまりにもひどいという人の対策は、ホルモン療法です。あまりにもつらいときは、内科や産婦人科で医師の診断をうけ、適切な治療薬を飲むことが大切です。http://更年期サプリおすすめランキング.com/